No limit

お疲れ様です。昨日、一昨日は帰宅したら即ベッド・インしてたので更新できませんでした。すいません🙏

しんどいっす今。学校行きたくねーなぁ。友達とは上手くやれてると思うんですけど、勉強も体育祭の練習もやらされてるって感じで。自分自身のモチベの低下が原因はもちろんなんですけど。でもその大元は今やってることがほんとに合ってるのか?やりたいことじゃないなって感じてることで。前までは高校卒業して大学良いとこ行って就職、高水準の生活みたいなのを目指してたけどなんか薄いし違うなぁと思ってきて。そんな中、堀江貴文さんの本に触れて一気に気持ちが変わって。傍から見たらかぶれてると思われるのかもしれないけど、今までの考え方から180度変わったのはきっとそう思ってたけど言語化できず腑に落ちないままにしてた自分がいたからで。それから情報集めるようになってこないだ紹介した箕輪さんなど先端走って楽しんでる人達を知り、自分でイベントなどに会いに行ったりしてます。そしたらどんどんそっち側に行きたい気持ちが溢れてきて、その一方で周りの反対やどこか飛び出せない自分がいる。でも今やってる事に希望は見いだせない。もう飛ぶしかないと思ってるのに。俺は前まで不登校の子見ると絶対来たら楽しいのになんて無責任に思ってたけどそれって今考えたら単なるこっちのエゴでしかないなって、、、今の自分に対して周りから「急がなくても見つかる」、「今は高校生を全うしろ」なんて言われるけどそんなこと言われたって…お前に分かるわけあるかとか思うし。

 

体育祭の練習も酷くて。男子は上裸で踊らなきゃいけない種目の練習があるんですけど、指導の仕方が軍隊みたいで。常に先生が吠えてて少しでも下向いたり指が動いたりすると長々と全体の前で怒られるレベル。「みんなで一ついいもの作りたいから」何て言われるけど誰もそれをやりたいなんて言ってないし、なんのクリエイティブ要素もなく自分も含め与えられたことを淡々とやらされているだけ。疑問を感じながら始まる前、終わった後は愚痴をこぼしている雰囲気で良いものが作れるとは決して思えない。そしたらこないだ2回目の練習の時に初めての練習で来た他学年の先生が来なくて、もう一人の体育の先生が来てたんですけどその先生は初めての練習の時にも来てはいたけど後ろにいて一度も口を開かなくて。で、今日もあの他学年の超吠える先生がくるのか、、って思っていたらなかなか来なくてまだ休み時間だったし始まる前だったのでそれなりにリラックスして体揺らして、周りと話してて。チャイムが鳴ったからすぐ姿勢正したら後ろに居た先生が「始まんねーよ」ってキレて。

最初の練習やる前になんかみんなで見本のビデオ見させられたみたいなんですけど自分早退したから見てなくて。

先「こないだビデオ見た!昨日練習した!それでこれかよ、ええぇ!」、「何にも変わってない。空っぽ。返事!!!」

他「はい!」、「はい!」「はい!」

自分『何やってんだろうなぁ、ビデオ見てねーしなぁ。』「………」

先「いつまでもフラフラしてた奴いたよなぁ!!返事は?!意思表示をしろ!」

自分『俺だ。どうしよう、謝るべきなのか?謝ったらまた長い話されるのか全体の前で。でもフラフラしてたのは始まる前の話でそこまでキレること?時間の無駄じゃね?』「………」

先「返事もしない、もう帰れ!」

 

結局黙って帰りました。自分が帰った後もう一人別のやつが謝って練習再開したらしいです。

それから三日間練習には出ていません。てか何がしたいのか理解できなくて。中には運動苦手なやつとか大きな声出せないやつなんてもちろん居るのにそういうやつを晒して「お前のせいでみんな待ってんだぞ!!!」ってキレたり。めちゃくちゃ腹が立ちます。その話を担任にしたら「だから基本運動したことあるようなやつにしか吠えないようにしてると思うよ」って言われたけどいやいやみんな言われて良い気しないから。しかもそんなんでパフォーマンス上がるわけ無いしモチベーションの低下に繋がるだけ。

出なかった三日間教室で静かに勉強してましたがそっちの方が有意義でした。でも周りが汗いっぱいかいて戻って来るのを見ると「俺も参加したいなぁ」なんて思ったりして。非効率なことを非効率と分かっていてやる必要なんてないと思っている。しかもああいう風にできないやつを晒したりする奴に教わりたくもない。って気持ちの方が強い。

 

 

今までおかしいなと思ってもやってきました。理不尽なことを理不尽と思いつつも頭を下げたこともありました。当時は必要なことでそうするしかないと思っていました。でもそうしてやり切ることが必ずしも正解では無いし「乗り越えた」とは言えないなと今は思います。我慢しただけ。周りはきっとその時の僕と同じように感じてはいながらもそうするしか無いとなんとか腹の深く深く奥底へ沈めて居るのでしょう。でもそれは=希望を見出すことにはならない。それに気づいたのは心の中で辛かったけど我慢して押し殺してた当時から時間が過ぎた今でも何度も「あの時の判断や決断以外の選択はなかっただろうか。最良の選択だったのだろうか。」と自問自答していたから。そんな中自分が知らないような世界を走り続けて居る方たちの言葉に触れそれがその疑問を紐解くヒントを与えてくれたから。何かを得るために、誰かの幸せのために誰かが我慢する必要はどこにも無い。僕はそう信じてるしこれからもそう言い続ける。自分も周りもみんな違うしみんないろんな悩みを抱えている。それでいいと思う。そういう悩みや不安から生まれる試行錯誤の過程がまだ見ぬ世界に繋がるきっかけになるかもしれないから。現にいまの僕がそうであるしね。

僕の友達にTwitterで本当に信頼している5人しか見れないような裏垢で「死にたい」とか「辛い」、時には「自傷行為をする」などと言った投稿をしている子がいる。

自分を傷つけなければ周りからイメージされている自分を保てないぐらい彼女は追い詰められている。僕はそこまでじゃ無いしエスパーでも無いから彼女の真意を100%理解できるわけじゃない。だけど本当に辛い思いをしていることは分かる。だから「自分を傷つけるなよ」なんて薄っぺらいチープな言葉は絶対にかけない。いま彼女がやっていることは彼女が必死に悩んで見つけた自分を保つための一つの手段だから。それが正解なのか、ベストな方法なのかは彼女が決めることであって僕や周りが判断することではない。彼女は本当に良いやつで、一度もクラスが一緒になった事がないのに僕の話を真剣に聞いてくれた。僕は彼女が大好きだ。だからどんな姿でも受け入れる。でも時々彼女の辛そうな投稿を見るたびに少し考える。彼女が否定されない、もっと楽しく生きられる方法はないかって。

彼女だけじゃない。みんなそう。生まれてきた場所も育ってきた環境も身につけてきた文化もみんなバラバラなんだ。だから無理に周りに合わせることは必要じゃない。むしろみんながそれぞれ自分が心から楽しめることやワクワクするようなことを全力でやれば良い。それが誰かの幸せに繋がったら最高じゃない?そんな事考えるだけでもワクワクする。音楽が好きなやつは「作る、聴く、良く聞こえるようにする」ざっと大きく分けても3つ。その3つからもたくさん分岐してアイデアや新しいことが起きる。なんだってそう。「みんながそれぞれやりたいことだけやったら社会が回らなくなる」なんて言うけれどじゃあそうなった時代が地球上に存在したことはある?ないよ。むしろみんな心の中で退屈や不満を抱えてるから誰かを傷つけたり、自分を傷つけたりする。争いが起きる。ネガなことを考えたりするよりポジティブなことを考えたり、行動することの方がワクワクしない?やってみて違ったらもっかい別の方法試して見れば良い。これはこれを読んでくれている個人に対しての僕個人の主張。無理に賛同する必要はないです。

疑問を感じてるなら今のやり方と違うことをやってみよう。どうせ一回しか無いから今の自分としての人生。周りが自分の気持ちを受け入れてくれなくても必ずどこかに似たような考えを持っている人はいるしなんなら僕に教えて欲しい。そこから新しいことに気づくかもしれないから。

多分、今日初めて学校をサボった。でもそのおかげで普段は考えないようなことが考えられるし、伝えないようなことも伝えれた。サボる前は不安になるけど意外と肩の荷が下りる。まぁ仲間に会えないのは寂しいけど。

 

 

母や父は本当に偉大だ。意見が合わない時ももちろんあるし衝突もするけどすごいなと思う。父は絶対に仕事の不満や人への不満を口にしない。家族にでさえだ。その上超ROCK🎸親父にだけはどうやっても勝てない。寛容的で色々考えてくれる。

母は僕と似ている。父と違って一定限度越えると口や態度に出してしまう。でも何をやるにしても真面目にやる。真面目すぎるぐらい。考えが硬いときもある。

二人はずっと僕がやりたいと思ったことをやらせてくれていた。はっきり言ってうちは決して裕福では無い。でも本当にやったら支えてくれるし高校受験の時も中学野球の時もこれ以上無いくらい協力してくれた。感謝している。だから今になって学校を辞めたいなんて言うのは本当に親不孝だ。父はその考えを受け入れてくれているが内心不安もあるだろう。母には怒らせて泣かせてばかりで申し訳ないと思っている。でも多分いつまでたってもこの考えは変わらない。高校に入学するためにそれなりに勉強もがんばった。今は新しいことに触れてそっちに夢中になっている。どちらもやった感想としては今の方が断然楽しい。わざわざ人と違う道を通る必要はどこにも無いと思うだろう。でもこういう周りとは違う考えを持っている中周りに合わせる必要こそどこにもない。学力で一般社会的に優劣がつけられるような社会を変える、いろんな生き方が肯定されるための僕個人としての第一歩だ。

失敗したとしてもなんとなくより刺激のある日々を求める。読書、言葉で表現すること、音楽どれも好きだし夢中になれることだ。ならそれに全精力かけたい。今やっていることは「学び」ではなく常識を染み込ませられる「お勉強」だ。

 

 

長くなってしまいました。今日は朝から学校のことで母と言い合いになってしまったので最近の自分の考えと事実を絡ませて少しまとめました。口調もバラバラですいません。

 

今日のオススメの一曲

VaVaで「93’Syndorome」です。

youtu.be

何にでもなれると考えさせられる曲です🔥

それでは今日はこの辺でGood Bye👋