許されるべき行為では決して無い。

こんばんは!今日も1日お疲れ様です。

昨日紹介した「虎ノ門ニュース」今日は中国でのウイグル人弾圧問題について大きく取り上げていました。そこで大きな動きが。なんとその後のDHCテレビ虎ノ門ニュースの配信チャンネル)でのライブ配信が途中で配信停止されました。これを受けDHCテレビYoutubeに異議申し立てをしたようですが具体的な理由は返ってこなかったそうです。また、先ほど百田尚樹さんが自身のTwitter虎ノ門ニュースがYoutubeで今後しばらく配信出来なくなった旨の投稿をしていました。しかし「DHCテレビ 公式サイト」での配信は続けるそうなので気になる方はそちらで要チェックです。

地上波テレビは全く中国共産党によるチベットウイグル民族の弾圧問題を取り上げません。しかし彼らは本当に奴隷のような扱いをされています。具体的には自分たちの自治区でさえ自分たちの言語を使って話すと犯罪者として逮捕され、中国共産党による再教育施設に収監されています。そこで「愛国教育」や「漢語」を強制的に学ばされるそうです。このような実態は知られつつも世界中のどの国のリーダーは口を開きませんでした。しかし今、米中貿易戦争が勃発しトランプ大統領はついにこの問題に取り掛かろうとしています。今が善良な自由であるべき人たちを助けるチャンスです。中国はアメリカとの貿易戦争によって外貨に大ダメージを受けており、国内でも中国共産党および習近平国家主席に対して不信感を抱いている市民の反乱をネットでは目にします。日中首脳会談も開かれる予定ですがそこでの日本の立ち位置によって全てが大きく変わってくるでしょう。また今回「虎ノ門ニュース」がYoutubeで配信停止になった理由が中国共産党によるウイグル人弾圧を大きく取り上げたことだとしたら。裏を返せば中国共産党は紛れもなく非人道的なことをしておりそれが外部に漏れると困る人がいるということです。既にネットでは衆知の事実ですが地上波、新聞は取り上げません。また朝日新聞慰安婦捏造の英語版の訂正の記事を検索できないようにする「メタタグ」を仕込んでいたことも各報道番組、新聞各社は取り上げません。おかしいと思いませんか。間違いなく報道機関、はたまたYoutubeの職員の中にも工作員が紛れ込んでいます。こう言った事実を自分たちの不都合で取り上げないことこそある意味国民の「知る権利」を侵害しており彼らの大好きな「忖度」をしているということです。

皆さん自分たちの国や世界の進むべき道を決めるのは私たち自身です。どうか今この瞬間にも世界中で起きていることに目を向け、正しい情報を得て発信し一人でも自由な人を増やしましょう。特に民族弾圧については何があっても絶対に許される行為ではありません。

 

 

明日は学校行事があるのでおそらくそのことを書きます。昨日今日と政治関係の投稿をしたことどうぞお許しください。おやすみなさい。