It Was Made By Love

こんばんは!今日も一日お疲れ様です。昨日、一昨日と二日連チャンで更新せず申し訳ありません。三連休も明日で終わりですね。まずは昨日の報告から!

 

昨日は、バイト終わってから東京へ。以前chelmicoのLiveで行った渋谷WWW Xの隣にある渋谷WWWへ「ラブリーサマーちゃん」のLiveに行ってきました!

f:id:sYuu:20181007213748j:plain

バンドセットのLive観たのは多分初めてだったんですけど音も良くて会場も傾斜があって後ろでも良く見えた。やっぱり大きい会場も良いですけどそこまで大きくない箱の方が音も良いしアーティストとの距離感もあまり感じないんで好きです。

ラブサマちゃんのLiveは初参戦だったんですけど超可愛かったです。歌も良いしMCなんか超ゆるゆるなのに急に弾き語りはじめたり松田聖子の「Sweet Memories」なんかもcoverしてめっちゃ良かったです。生バンドは迫力あって見応えあります。ラブリーサマーちゃん要チェックですよ🔥

 

 

今日は「愛」について少しだけ書きます。寒い話にならないように頑張ります。

そもそも「愛」ってなんでしょう?良い言葉だけど言葉にして表現するのはすごく難しい。それは見返りを求めず与え続けることだと僕は尊敬する恩師からそう教わりました。でも簡単にはできない、頭では理解しているけれど。思ったように描いている方向に行かないとどうしても「こんなに与えているのに、」という気持ちが少しでも芽生えてしまう。これは多分みんなそうだと思うんです。だから「愛」は人を傷つけることも喜ばすこともできる。あまり難しく考えすぎるのは良くないのかもしれないし僕はそういうのあまり得意じゃないんですけど。今、自分が誰かに対して向けている愛が不本意にも相手を傷つけているかもしれない。そんな事をさっき不意にも考えてしまったんです。以前書いた「君は何も悪くない」の記事を病んでた中学の同級生に読ませたら彼は「泣いた。」と言ってくれました。でももう一人の自傷行為に走る彼女は変わらず心が破裂する寸前を常に行き来している。そして僕はその彼女にまだあの記事を読ませる自信がない。とても怖いんです。「自らを傷つける彼女を見るのは辛いしどうにかならないか」これは全て僕のエゴで、僕を信頼してくれているから自分の弱さを晒しているのに同じ立場になったこともない僕の書いた薄い言葉がさらに彼女を傷つけたら。

自分が情けない。現状を変えたいのに「彼女を傷つけるかもしれない」なんて言い訳をしてほんとは自分が傷つくのを恐れている。無力だなとつくづく感じます。弱いなぁ。

与えられた愛も与えた愛も決して忘れてはならない。誰かを想うことはその人の幸せを願うことで自分のためではない、そこに自分の感情や欲求の存在を認識しない、確立しないことだと思います。自分が本気で考えに考えて取った行動ならたとえどうなろうと次の引き出しになることは間違いない。誰も傷つけない人なんて多分この世に存在しない。自己啓発であり読んでくれた皆さんにも考えてもらいたいです。

哲学的過ぎて上手くまとめられなくて申し訳ないです。

 

明日は赤坂BLITZへ5lackのワンマンライブに行って来ます!更新遅くなると思いますがよろしくお願いします。

今日のオススメの一曲

ラブリーサマーちゃんで「なかなおり」です!

soundcloud.com

とりあえず聴いてください。初めて聴いた時泣きました。

それでは今日はこの辺でGood Night