正解はつくらない

こんばんは!今日も1日お疲れ様です。高校のクラスメートでまぁ男子で仲良いやつとかがたまに読んでくれてるのは嬉しいんですけどなんか他にもちょくちょく読んでくれている女の子とかもいるみたいで書くこと楽しみつつがんばろうと思いました笑人からの応援ってやはりモチベに繋がりますね。いきなりこんな話ですいません😅

今日は少し昨日の話の続きを。

今日は放課後の補修が担当の先生の会議の影響で中止になり席替えをしました。だいたい月に一度やる国数英の小テストの順位の高い人から自由に席を選択して行く方式なんですが今回は点数の高い人からくじ引きでした。いやまぁそれがこんなことあるのかよって言うぐらいで。自分は別にどこで誰とだろうと楽しくやるだけなんで良くも悪くもなく普段あまり話さない人達と近くなったのでこの機会に仲良くなろうって感じなんですが昨日書いたAちゃん。それがなんとAちゃんの隣がAちゃんに酷い文面のLINE送った子で。結局そのあと先生が個人的に何人かに声かけて座席自体は変わったみたいなんですがこういうこともあるんだなぁと思いました。

自分も人間なんで嫌だなと思うことや相性が合わない人ももちろんいます。でもその人との出会いってものすごく貴重だと思うんです。相性が合わないのにはきっと色んな理由があると思いますが多くの場合は自分の価値観と相手の価値観の違いや物事に対するお互いのものさしの違いが理由だと思います。でもそれってあたりまえかつ大きなチャンスでもあって受け取り方によっては自分の固定概念に新しい風を吹かせてくれる。だから「相性の合う合わない」=「好き嫌い」ではないと思うんです。もちろん僕も嫌いな人間はいます。そういう奴に共通していることはだいたい周り見えてなくて平気で人を傷つける。そんな奴から学ぶことは皆無に等しいんですが価値観の違う人から学べることは結構あると思います。というのも僕がいつも最後にやっている「今日のオススメの一曲」(ほとんど自分が良く聴く好きな曲)で紹介している曲もHIPHOPDTM系のアーティストが多いと思いますが中学の時なんて全然興味が無かった。それどころかあまり理解していないのに少し懐疑的に見ていたぐらい。だから全く自分の中に無い発想、ジャンル、刺激が来た時って一番濃度の高い時間で、受け取るこっちがフィルターかけなければいくらでも学べることで溢れていると思います。また、それは自然要因より人的要因で影響を受ける可能性の方が高い気がします。ほとんどの人は誰かしらとの関わりをもって生活していると思うので。だからそういう人との出会いは大いに活かすべきだしあまり「気が合う合わない」から「好き嫌い」の判断をしてしまうのは勿体無いと思うんです。でもひとつ勘違いしちゃいけないのが価値観の違う相手に共感を求めること。共感を求めれば求めるほど相手の考えがそうじゃ無かったときにストレスになるから。とにかく柔軟に色んな観点から物事を考えられるように普段の生活の中でも色んな人と会話してみるところから始めると良いかもですね。コミュニティの利点はそこにもある。お互いに同じ組織に帰属しているから環境のフィルターが無い状態で関わることができる。僕ももっと色んな人と考えを共有、理解することを心がけないと。

 

今日のオススメの一曲

JJJで「MIND(yefreestyle)ft.KID FRESINO」です。

soundcloud.com

要チェックです🔥

 

それでは今日はこの辺でGood Night